中国武漢ウイルスで暇だし脱毛も自宅でしたほうがよくね

新型なんとかで変わったこと

 

去年にでた新型なんとかウイルス。去年に発生したのに今の時代に新型とか言ってるのは滑稽です。その新型なんとかのおかげさまで今ではどこに行くにしてもマスク着用が義務づけられています。これに非常に生きにくさを感じておられる方も多いのではないでしょうか。大阪のなんとかさんなんかは、もう会食時のマスクやらなんたらオリンピックという利権を開催するために精一杯です。さて、そんな新型ウイルスでどこに行ってもいろんな縛りがもうけられています。これではせっかく遊びに行っても楽しみは半減してしまいますよね。それで家で過ごす方法がたくさん生み出されつつあります。

 

脱毛と言ったら今まではサロンに行くのが主流でした。雑居ビルにまとまっていくつもの会社の脱毛サロンがまとまってるのがよくあります。大手のミュゼなんかの広告は電車内によく見かけます。通常であれば、数回コースを勧められるのが通常の流れです。なぜ、サロンは複数回コースを勧めてくるのか?そこには大人の事情もあります。最近では自宅でできる脱毛器があります。

 

歯を白くするのも自分でやる時代です

オフィスホワイトニングも外でやるのが主流でしたが主流でしたがセルフでできるようになりました。歯は面積の大部分を占めます。大部分を改善すると見た目がアップするのはよくあることです。ホワイトニングや脱毛だけでなく、筋トレなんかでも見た目をよくするために筋肉の部位が多い部分を鍛えるのはよくあることです。背中だったり、胸だったり、太ももだったり。それだけカラダの大半を占める部位をどうにかしようとすると見た目は大幅に改善されます。

 

 

この緊急非常事態宣言下で多くの店舗ビジネスが時短営業短縮営業を余儀なくされています。24時間営業の店舗や夜間に利用者が多い仕事の場合、まさに商売あがったり、クビくくらなあかん、と冗談まじりには聞こえない店舗もあります。そうやって営業時間が少なくなると脱毛サロンに行く時間が合わない。けが、毛が、すごく気になる、となってきます。

鼻毛は自分でなんとかできますよ

いい話をしていても鼻毛が出てたら最悪です。せっかくいいお話をしても鼻毛のことが気になってお話の内容が頭はいってきません。鼻毛対策アイテムとしては最近ではゴッソなんかがあります。電子レンジで温めて綿棒に絡ませて鼻の穴につっこんで引き抜くだけです。すごく簡単に鼻毛対策ができます。少し痛いですけども(笑)むだげの鼻の部分に対してはドンキなんかのグッズでもよいかもしれませんね。

 

すねやももなんかのムダ毛はどうでしょうか。毛が生えてる部位が多いですので、剃刀でそるにしても少し手間がかかります。この辺の処理を男性が女性に尋ねると、素直に脱毛にいけば?といわれることが多々あります。

 

男性の場合だったら髭です。ない人もいますが大抵はうっすらと毛があるはずです。これって毎日剃るのは結構手間と時間を取られます。皆もっと効率的にどうにかしたいと考えています。

 

今では家庭用脱毛器のスペック自体も上がっています。私たちのさまざまなことが自宅で簡単に行えつつなりつつあります。

 

 
日本製暖房機ケノンヒーター、子供やペットも安心!乾燥しない。
ケノンヒーター